立川市 個人再生 弁護士 司法書士

借金・債務の相談を立川市在住の方がするならこちら!

借金返済の悩み

立川市で借金・債務などの悩みを相談するならどこがいいのか、決められないでいませんか?
せっかく相談するなら、優秀な弁護士や司法書士がいる法務事務所や法律事務所を選びたいもの。
このサイトでは、ネットで無料相談できる、オススメの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
立川市にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料なので安心です。
いきなり直接相談するのは少し不安、という方にもオススメです。
借金返済・多重債務のことで困ってるなら、まずは弁護士や司法書士に相談して、解決への道を探してみませんか?

個人再生・借金の相談を立川市の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

立川市の債務や借金返済の悩み相談なら、こちらの事務所がおススメ。
弁護士が対応してくれて、全国対応の法律事務所です。
初期費用が無料だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いでもOK。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金の取り立てをSTOPすることも可能です。
任意整理、自己破産、過払い金、個人再生、など、債務・借金に関して無料で相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談受付することができるので、お金に困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、債務・借金の問題が相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリのやり方で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から支払できます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などは一切取らないので、お得に解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心です。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

立川市在住の方が債務整理・借金の相談をするならまず、このサービスもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットを使った借金解決のための診断ツールです。
カンタンな3つの質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、月々の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな方にピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
全国対応しているサービスなので、立川市在住の人も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国に対応!
あなたの借金・債務の悩み、匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



立川市周辺にある他の法律事務所や法務事務所紹介

立川市には他にも複数の法務事務所や法律事務所があります。参考にしてください。


●あけぼの綜合法律事務所
東京都立川市曙町1丁目25-12 オリンピック曙町ビル7階
042-512-9737
http://akebono-sogo.jp

●フラクタル法律事務所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川10階
042-513-6680
http://fractal-law.com

●岡田幸司税理士事務所
東京都立川市高松町2丁目38-6
042-524-0658
http://taxaccountant.ashisuto-co.jp

●財団法人日弁連交通事故相談センター 東京支部 立川相談所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川12階
042-548-7790
http://tokyosibu.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所 立川支店
東京都立川市柴崎町2丁目1-9 中島ビル3階
042-528-2655
http://springs-law-tokyo01.com

●南立川法律事務所
東京都立川市 緑町7-2 サンクタス立川T1
042-525-1101
http://minamitachikawa.com

●久江孝二法律事務所
東京都立川市柴崎町2丁目12-6
042-522-0681

●東京三弁護士会多摩支部
東京都立川市緑町7-1 アーバス立川高松駅前ビル 2F
042-548-3800
http://tama-b.com

●ひめしゃら法律事務所
東京都立川市緑町7-1
042-548-8675
http://himesyara.com

●立川北法律事務所
東京都立川市 2丁目32-3 立川三和ビル 4F 402号
042-548-7230
http://tachikawakita.jp

地元立川市の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、手軽に気軽に相談できるのではないでしょうか。

立川市で借金に参っている方

キャッシング会社やクレジットカード会社等からの借金で悩んでいる方は、きっと高い利子に困っているのではないでしょうか。
借金したのは自分ですので、自己責任だから仕方ないでしょう。
しかし、いくつもの金融業者からお金を借りていると、額が膨らんで、とてもじゃないけど返済できなくなってしまうでしょう。
毎月の返済ではほとんど利子しか払えていない、というような状態の方もいるのではないでしょうか。
こうなってしまうと、自分ひとりの力で借金を全部返すことは無理でしょう。
借金をキレイにするために、なるべく早く司法書士・弁護士に相談すべきです。
どうしたら今ある借金を全部返せるか、借入金を減額できるのか、過払い金は発生していないか、など、司法書士や弁護士の知識・知恵を貸してもらいましょう。
お金・借金の問題の解決は、相談することが始めの一歩です。

立川市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|個人再生

債務整理にもいろいろな進め方があり、任意で信販会社と話しあう任意整理と、裁判所を介した法的整理である個人再生・自己破産などの種類が在ります。
じゃあ、これらの手続につき債務整理のデメリットという点があるでしょうか。
これら3つの進め方に共通して言える債務整理の欠点は、信用情報にそれ等の手続をした事が記載されてしまう点です。俗に言うブラックリストという情況です。
そうすると、およそ五年〜七年位、ローンカードがつくれなくなったり借金が不可能になるでしょう。しかし、あなたは支払額に苦悩し続けてこれ等の手続を進める訳ですので、ちょっとの間は借入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。じゃクレジットカードに依存し過ぎている人は、逆に言えば借り入れが出来なくなることで出来なくなることで助かるのではないかと思われます。
次に個人再生または自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこれ等の手続きを進めた事が載ってしまうという事が挙げられるでしょう。とはいえ、貴方は官報等観たことが有るでしょうか。むしろ、「官報ってどんなもの」といった方の方が殆どじゃないでしょうか。
現に、官報は国が作成する新聞のような物ですけれども、闇金業者などのごく僅かな人しか目にしません。ですので、「自己破産の実情が近所に広まった」等という心配はまずもってありません。
終わりに、破産特有の債務整理の欠点ですが、1辺破産すると7年という長い間、2度と自己破産は出来ません。そこは用心して、二度と破産しなくてもいい様に心がけましょう。

立川市|自己破産ならではのメリットとデメリットとは?/個人再生

誰でも気軽にキャッシングが出来る関係で、多額な債務を抱えて悩みこんでいる人も増加しています。
借金返済のために他の消費者金融からキャッシングをするようになり、抱え込んでいる借金の合計した金額を把握すらしていないという人もいるのが事実なのです。
借金によって人生を崩さないように、自己破産制度を利用して、抱えている債務を一回リセットするという事もひとつの手口として有効です。
ですが、それにはデメリット、メリットがあります。
その後の影響を考え、慎重に行うことが大事です。
まずよい点ですが、なによりも負債がゼロになるということなのです。
借金返済に追われる事がなくなるので、精神的な悩みからも解放されます。
そして不利な点は、自己破産をした事により、借金の存在が知人に知れわたってしまい、社会的な信用を失墜することもあると言うことです。
また、新たなキャッシングが出来ない情況になるから、計画的に日常生活をしなければならないでしょう。
散財したり、金の遣いかたが荒い方は、一寸やそっとで生活の水準を落とせない事が有るでしょう。
けれども、自身を抑制して生活をする必要があります。
このように、自己破産にはデメリットやメリットが有るのです。
どちらがベストな手法かをきちんと思慮してから自己破産申請を進めるようにしましょう。

関連ページ